保育士の試験について

保育士の試験について

保育士試験は各都道府県の指定された大学や施設で行っています。自分の住んでいる場所でなく、好きな場所で受ける事ができます。


ただし、筆記と実技が同じ都道府県で受験する事が前提となります。
これまで年に1回の試験の所、28年度からは2回になりました。



保育士試験の難易度は毎年10パーセント台に推移しており、特に筆記で苦戦する受験生が多いです。
筆記は9科目のうち、すべての科目を6割以上の合格が必要となります。
科目によっては難易度が非常に難しい事や出題数が少ない為に間違えると合否に直結する事もあり、うろ覚えでは合格は難しいとも言えるでしょう。

しかしながら過去問を解くと判るように、出題傾向は似ている事が多いです。



言葉を少し言い換えていたり、内容を少し変えているという事もあります。

保育士試験の筆記に挑む際には十分な過去問の消化が合格への近道とも言えるでしょう。

一方で実技においては毎年9割を超える合格率から多くの人が合格しています。

というのも出題が毎年ほぼ同じなので対策が練りやすいという事もあります。



音楽、造形、言語の3つのうちから2つ選択します。
自分の得意分野を選択すれば良いので苦手分野を自然とカバーできるでしょう。


実際の保育の現場でどのようにするかが試験で繰り広げれられるので、合格する為にではなく、実際に現場で活かすために練習しているという気持ちでイメージしながら行ってみると良いでしょう。不安な人は実技のみのスクールを開講している所もあるのでプロから指導を受けるのも良いかもしれません。

  • 保育士について情報

    • 保育士になるには保育関係の学校を2年から4年単位を取って卒業する事の他にも独学やスクールに通って保育士試験にチャレンジするという方法があります。独学やスクールではどれほどの勉強時間が必要かは個人によって勉強方法や毎日の勉強時間にもよりますが、スクールなどでは半年から1年程度の学習時間で開講しているケースが多いでしょう。...

      detail
  • 保育士コラム

    • 保育士として就職したいのであれば、保育関係の学校に2年程度通って卒業すればその資格を貰え、就職に繋げる事も可能です。保育所など保育士が必要な企業や団体からの求人情報が学校に来るので学校を通して就職することもできるでしょう。...

      detail
  • 驚く情報

    • 保育士の就職先にはいろいろな場所がありますが、公立の保育士は魅力のある仕事です。私立の保育園の仕事より安定していますし、給料も高いです。...

      detail
  • 初心者向き保育士

    • 保育士の就職は人手不足ともなり、比較的需要が高く、未経験でも場合によっては正社員としても採用してくれるケースも高いでしょう。他の職種と異なる点は、中高年になってもこれまでの育児経験や人生経験が強く活かせる職場でもあり、保育士の資格を取得して活躍できるという職種でもあります。...

      detail