保育士の試験について

  • 保育士資格を持った人の就職

    • 保育士として就職したいのであれば、保育関係の学校に2年程度通って卒業すればその資格を貰え、就職に繋げる事も可能です。保育所など保育士が必要な企業や団体からの求人情報が学校に来るので学校を通して就職することもできるでしょう。



      一方で学校に通う時間がないケースには自分で資格試験にチャレンジして保育士の国家資格を取得するという方法があります。


      独学やスクール、通信教育など色々な方法があります。

      合格率は毎年10パーセント台で狭き門ですが、保育士という国家資格を有すると就職に一気に有利になります。
      資格を持っているけど未経験であっても、子育ての経験があると即戦力として見てもらえるなど、年齢を重ねても不利にはなりにくい職種とも言え、何歳からでもチャレンジしやすい職種でもあります。

      保育士が活躍できる場所は保育園だけではありません。

      最近では「認定こども園」の保育と幼稚園の両方を兼ね備えた施設もあります。

      T-SITEについて詳しく知りたいならこちらのサイトです。

      もう少し大きい年齢を対象とするならば学童でも資格があれば有利でしょう。
      その他、小規模を希望するのであれば家庭保育室や認可外の保育所や託児所などもあります。この他にもワーキングママの増加の背景から病児保育施設の増設が期待され、病児保育施設での勤務もあります。雇用形態も幅広く、正社員からパートまでライフスタイルに合わせて働く事が出来るでしょう。



      最近では美容室や歯医者さんなど、ある施設で子供連れの親を対象に来店や来院しやすい一環として施設内に託児所を設けている事も多いです。