保育士の試験について

  • 保育士の就職について

    • 保育士の就職は人手不足ともなり、比較的需要が高く、未経験でも場合によっては正社員としても採用してくれるケースも高いでしょう。
      他の職種と異なる点は、中高年になってもこれまでの育児経験や人生経験が強く活かせる職場でもあり、保育士の資格を取得して活躍できるという職種でもあります。
      年齢制限で引っかかるというよりもむしろ、これまでの経験値を最大限に活かせる職種でしょう。保育士の就職先は代表的な所では保育所、託児所などが多いでしょう。



      0歳から6歳児までの児童を対象にする事が多いですが、中には小規模保育所などを選択した場合には0歳から2歳児までを対象とした園児になるなど選ぶ保育所や託児所によって対象年齢児の比率が異なるのでそれぞれの特長を選んで働く事が出来るでしょう。

      日本経済新聞が今、話題になっています。

      保育士として就職する先は他にも増えています。


      最近ではワーキングママの増加によりベビーシッターの求人も多く見かけます。
      その他にも病児保育質の保育士勤務も人気があります。
      家庭保育室などを開業する事もできます。
      残念ながら給与待遇などの面ではまだまだ他の職種と比べて満足いくものではありません。
      この為、せっかく職についても給与面が原因で退職するケースが増えています。

      政府も賃金待遇の改正を検討していますが、大幅な改善はまだまだ先になるでしょう。



      給与面では保育関連の資格を取得して資格手当を貰うなどで今の待遇面を良くする為に努力している現職の人も多いです。