保育士の試験について

  • 保育士の試験の事なら

    • 保育士になるには保育関係の学校を2年から4年単位を取って卒業する事の他にも独学やスクールに通って保育士試験にチャレンジするという方法があります。



      独学やスクールではどれほどの勉強時間が必要かは個人によって勉強方法や毎日の勉強時間にもよりますが、スクールなどでは半年から1年程度の学習時間で開講しているケースが多いでしょう。



      保育士の試験は28年度から1年に2回開催される事になり、ますます資格取得のチャンスが増えています。
      保育士試験は筆記と実技の2つに分かれます。

      T-SITEについて考察してみましょう。

      筆記をパスした人のみが次の実技をチャレンジする事が出来ます。

      筆記においてはマークシート形式な問題でもありますが、9教科のうちすべてが6割以上の合格を必須としています。1科目でも落ちてしまった場合には受かった科目は3年免除されます。
      科目によって難易度が異なるので手こずる科目がある場合には集中的に勉強をしますが、それでも毎年、保育士試験の合格率が10パーセント台なので難易度が高い事が解ります。


      実技にはおいては音楽と造形、言語の3つのうち、2科目を選択します。

      毎年実技の合格率は9割を超えるので対策がしやすい事も後押しして筆記さえクリアできれば合格も近い物でしょう。
      ピアノを弾けないとダメかと言えば音楽を選択しなければ試験を合格できます。実際に保育所などで勤務する場合にはピアノが弾けない場合には生歌で園児と歌ったり、弾けるスタッフに弾いてもらうというケースも多いでしょう。